FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
解凍方法の正しい回答???★
共通一次試験(今はセンター試験って言うんだっけ???)も大荒れの天候に足止めされた方も多かったようで・・・我が家も山の上の団地なので-5℃とぱらっと降った雪で給湯器も凍結し朝からお湯が使えない~~
洗濯機も送水できずに・・・その機能を止め、出窓にはツララがぶら下がっておりました

moblog_2125055f.jpg  moblog_59a7e737.jpg

右の画像は島根のKちゃんち・・・みごとに雪で埋まっております・・・スヌープ君はへっちゃらな顔してます

8:30から着物を着付けする予定もあるのに路面も凍結しウチから出られない。
カラス君は「しょ~がね~な~」と凍えながらチェーンを巻き会社まで送り届けてくれた。

喪服セットさえ用意すれば喪服が着られると思ってる方も多いと思われますが・・・これは大間違いなのです
まず、下着と足袋はセットには含まれておりません
足袋は・・・たびたびあっては困るって事で大抵のセットから除外されております。
着物を着るにはそれなりの下準備が有るのですが・・・半襟を付けたり、襟芯を入れたり・・・既成の着物だと長襦袢の長さも合わせねばなりません。
とまぁ、ほとんど準備の悪い・・・劣悪の条件を抱えてする着付けを美容師さんは通常価格3000円で出張してやってくれるんですが・・・私が考えても率が悪い
当然の如く「お断り」が増え・・・便利に使われてしまう私がおります

最近は喪主さんのおウチでも喪服着用の方は減ってきましたけどね~着せてもらっても後始末が出来ないってのも理由の一つらしいです。
私の喪服も19歳の厄年に厄除けで仕立てたまま、仕付けの付いたままで数十年経過、娘のでさえ8年経過した
たまにはタンスの引き出しを開けて風を通すくらいはしておりますが・・・じっくり見たことは無いです。
何回袖を通すか分からないけど、私の時代は嫁入り道具だったような気がする。
ついでにモト呉服関係勤務の喪服の薀蓄をば
紋付の正装なのに帯は名古屋帯(いわゆる略式)なのはお太鼓が二重に重なる=不幸が重なるのを嫌うためなんですよ。
厄除けに使われるのは長い物(帯やら喪服やら・・・男の子はネクタイやネックレスとかね~)、赤い石(珊瑚やルビーなんかの宝石も身を守ると言われているようです)
着物は体型の変化にもある程度は対応できますが・・・かなりお太りになった場合は身幅が合わない、帯が短い、帯締め・帯揚げも長さが足りない・・・と色々不都合も生じます。
草履・・・これもあらかじめ男のヒトに足を入れて貰うなりして鼻緒を広げておかないと・・・足を締め付け頭痛がして来て酷い目に合います。
今回も不都合だらけの着付けは・・・寒さも手伝って結構しんどかった~

本来ならお休みの日に1時間ほど・・・着付けの他に髪の毛のセットまでこなし喜んで頂けたのが救いでした。
そして・・・事務系の仕事は私一人が責任を持ってやって欲しいと支配人からも振られてしまった。
Yさんには触らせないようにと・・・ええ~っ・・・じゃ~彼女の仕事って~???
山ほど仕事を抱えて優先順位を付けつつ片付けていってる現状なのに(私とHさん・・・Hさんは主に業務担当)・・・Yさんは一人勤務の時に
「何もする事が無いんですけど~
って・・・お局様に電話したそうな・・・
「ねぇ~Yさんって・・・自分の仕事がわかってないの???権利だけはしっかり主張するくせに義務も分かってないってのは・・・ど~いう事???腹が立つから徹底的に掃除しなさいって言ったけど・・・掃除くらいはマトモに出来てるんでしょうね~
私に答を求められても困るんですが・・・彼女にとっては時間さえつぶせばお金になる割の良い仕事らしいです・・・そして掃除でさえ・・・ふぅっ

日中温度も氷点下のままで・・・給湯器メーカーはアチコチからの問い合わせに右往左往して今日の事にはなりそうに無く・・・思い余ったカラス君がドライヤーを持ち出し、温めたりしてるうちに作動を再開いたしました~
メーカー側から「すばらしい判断でしたね~」ってお褒めの言葉を頂いたカラス君でした。
温かいお湯で片付けものをし、お風呂に入れる≪プチ幸せ感≫に浸って・・・凍ったカラダと心を解凍いたしましたとさ、めでたしめでたし~



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
窓の下につららw
まぁ静岡でさえ雪が舞ったくらいですからねぇ。
でも西日本って、年々暑さも寒さも極端に厳しくなっていくような・・・。

ところで、名古屋帯って略装なんですか。知らなかった~。
うちの方では葬式でもお太鼓にしてるような気がするけど・・・地方によって色々なのかな。
霊柩車が出発する時、車の前で盃を割るって言うのも「赤い霊柩車」(山村美紗の)で初めて知りました。こっちじゃやらない。
あぁ・・・喪服・・・着物のもあるんだけど、10数年しまいっぱなしだったりして・・ははは・・・南無w
2011/01/18(Tue) 18:30 | URL | とんがりねずみ | 【編集
私は喪服を持っていません。
父の時も義父や義母の時も洋装の礼服で済ませてしまった。
私は嫁入り道具としては持ってこなかったから、いざとなったらレンタルでいいわ、な~んて思っていたけど、いざレンタル借り~の、髪と着付けを頼み~のが面倒臭くって。
きっともう喪服を着る事も無いと思うけど、勉強になります。^^

ドライヤーで解凍。これからも使えそうです。
くれぐれも、熱に弱い場所の変形が無きように、気を付けてね~
寒い日の暖かいお風呂は「ご馳走」よね~^^
2011/01/19(Wed) 01:13 | URL | マダム半世紀 | 【編集
v-8とんがりねずみ様★
ツララは・・・過去に一回だけ異常低温-7℃とか-8度とかの時に出来て(リビングの出窓のみ)びっくりしました。
やっぱり室内温度との差が激しすぎたんでしょうね~
あんまり寒いと誰もがリビングを離れないe-284
他の部屋は寝るためだけに存在するアマゾネス家ざ~ますe-320
究極のエコ生活ですわ~~
年々歳々寒くなってるような気がします。
名古屋帯も見た目は≪お太鼓≫だから・・・きっと静岡も同じだと思いますよ。
赤い霊柩車の食器を割るシーン。
このへんでも見たことはありませんね~
きっと「ここから先は通常の生活とサヨナラします」って意味で食べるための食器は不要って事なんだろうと勝手に解釈しております。
宗教によっては生前使用していた飯茶碗にご飯をよそいお箸を立ててご遺体の枕元に置きますし・・・。
その他、おままごとセットのようなかわいらしいお膳を用意するトコとか・・・
この辺の詳しい事情は職種が違うので把握しとりませんe-284
着物ね~裏が正絹だと黄変するんですよね~e-351
でも今回着付けたのはポリエステル100%・・・カラダにそぐわないったら~e-330
凹凸のあるメリハリボディーにゃ~難しい(自分のストンとしたボディーに慣れてるからだわ~)
だから・・・きっと、とんがりねずみさんにも上手に着せられる自信があるぞ~e-319
自分がよく着てたからこその自信は
①着崩れしない
②苦しくない
3普通に歩けるe-320
ってとこかな~コレ、着付けの免許を持ってても自分で着ないヒトには分からないんだよね~
①だけに重点置くからe-284
あぁ・・・とんがりさんに着付けてみたい~~e-266



2011/01/19(Wed) 10:25 | URL | アマゾネス | 【編集
v-8マダム半世紀様★
私は今のご時勢には≪喪服≫って必要ないと思うよ~
でも女性が一番美しく見えるとは言いますよね~
黒留袖だったら弟の結婚式と娘の結婚式と2回着たけど・・・
同じ黒でも祝い事だと何回着ても嬉しいけどね~e-320
明治以前は喪服は白だったんだよ~
切腹の時だって白装束でしょ~e-284
洋風文化を取り入れて黒になったとか・・・???
あんまり寒すぎてあちこち凝ってる(凍ってる???)
やっぱりお風呂で癒すのが一番よね~
給湯器が作動しなかったら・・・きっと凍死(憤死???)するわ~e-351
日常が平穏無事に過ぎて行く事こそが・・・幸せなのかも~と思える一件でございましたe-319

2011/01/19(Wed) 10:38 | URL | アマゾネス | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。