FC2ブログ
8月6日に寄せて★
64回目の祈りの朝を自宅で迎えました。
絆ーkizuna peace week-で・・・「現地入りして平和と鎮魂のために祈りを捧げたい」・・・と宣言したのに・・・
体調が今ひとつ芳しくないので断念いたしました。
8:15・・・TVの前で一分間の黙祷をしながら悔し涙も一緒に流れてきました。

64年前、日常の生活をしていた人達を、たった一発の原子爆弾が一瞬で地獄に突き落とした。
人間が人間としての「最期」を迎えられなかった。
一瞬で奪われた命と・・・生きながらえて・・・数年後、数十年後に、遺伝子を傷つけられた事が影響を及ぼし、亡くなった命、今なお苦しみ続けている人もたくさんいらっしゃいます。

オバマ大統領がプラハで演説した、原爆投下の責任に触れた
「核兵器を使用した唯一の国としてアメリカは行動する道義的責任がある」・・・と。
これを受け、核廃絶を願う多数派の市民を「オバマジョリティー」と呼び、力を結集させ2020年までに核兵器廃絶を実現させようと訴えています。
アメリカでは・・・意識調査をしたところ・・・
「原爆投下は正しかった」とする人が61%・・・「間違っていた」とする人は・・・少数派です。
日本がアメリカに対して抗議をしたのは・・・原爆投下4日後の一回のみ
「無差別かつ残虐性を持つ新爆弾の使用は人類文化に対する罪悪だ」・・・と非難し使用の放棄を求めたが、敗戦後は日米安保体制の下、原爆投下の責を問う事はなかった。

平和憲法を掲げる被爆国でありながら、アメリカの核の傘の下に守られながら「核廃絶」を叫ぶ・・・
この矛盾が・・・北朝鮮を付け上がらせているような気がする。
9条の憲法があるのに・・・軍事費は世界で5位です・・・これは何???
この他に在日米軍のための費用も莫大です。
全部我々の血税です。・・・もっと有効に使って欲しいですね~。

モーツアルトのレクイエム
カラヤン指揮のを見つけたので貼り付けました。
26万以上の人々の御霊が安らかでありますように。
子や孫の代まで・・・恒久的に平和でありますように。
届けて欲しい・・・みんなの祈りと願いを・・・
忘れないでいて欲しい・・・64年前にあった事。






[READ MORE...]
スポンサーサイト